春の園の歓談

クレールこんばんはーですー。小笠原ゲームに参りました。
芝村記事どうぞ
クレール はい
http://cwtg.jp/ogasawara/wforum.cgi?no=958&reno=831&oya=831&mode=msgview
こちらになります。
芝村イベントのお好みは?
クレールえーと,ヴィクトリーが怪我の治療とかで入院してるのならお見舞いをしたいんですが・・
芝村もう直ってるよ。
そろそろ旅の再開だ
クレールにゃんと。じゃない。なんと。
それじゃぁ・・・,ほどよい場所でお話とかできたらいいかなと思います。
公園を散歩とか,そんな感じで。
芝村いいですよ。
では2分ほどお待ちください。
クレール はい

      /*/

芝村ここは春の園だよ
どこか暖かい風が流れている。
クレール「わぁ,あたたかい・・・。」
ヴィクトリーは来てますか?
芝村 ヴィクトリーは美少年の隣に座って何か喋っている。
クレールび,びしょうねん(汗)
美少年の顔が深刻そうでなければ,そのままヴィクトリーに話かけたいと思います。
芝村深刻そうだね。
ヴィクトリーは抱きついた。
クレール
芝村そして殴られた。美少年は顔が真っ赤だ
クレールあらあら。
ヴィクトリーの視界に入りそうな位置で話が終わるのを待ってます。
芝村美少年は何か言って走って逃げて言った。
ヴィクトリー「いててて」
クレール「なにやってるの? ヴィクトリー。」
ヴィクトリー「ナンパ」
「まあ、失敗したけど」
クレール「男なのに。。。って,気にしなかったんだっけ。」
ヴィクトリー「?」
「あの子は女の子だよ?」
クレール「あ,あれ? そうなんだ。なんだか外から見てて男と男に見えたから・・・」
芝村ヴィクトリーは微笑んだ。
クレール「私もまだまだ見る目が甘いなぁ・・」
ヴィクトリー「そんなのいつものことじゃん」
クレール「えぇー,そう? どこらへんが甘い?」
ヴィクトリー「えーと」
「なんでもない」
クレール「えぇー?なによそれ(笑) まぁいいけど。ところで,あの時の怪我はもう大丈夫なの?」
ヴィクトリー「怪我?」
クレール「ほら,迷宮のときにペンギンが狙った子を庇って撃たれてたじゃない。」
ヴィクトリー「……それ本気でいってるの?」
クレール「・・・・・・あれ?」
ヴィクトリー「ペンギンが実弾使うわけない。死ぬつもりだったから」
クレール「そ,そうだったんだ…。」
ヴィクトリー「それでもかばったのはなぜか?」
クレール「うん」
ヴィクトリー「実弾でないこと知ったら、きっと二人以上が死ぬから」
クレール「・・・そっか。そうだね。」(あかりさんのことと直感します)
「てっきり相手が女の子だから庇ったのかなとか思って,すごく心配しちゃった。」
ヴィクトリー「ペンギンはさすがにかわいいからなあ」
「うん。相手が女の子だからかばった」
クレール「敵でも庇えちゃうあたり,さすがねー。あ,シュークリーム買ってきたんだけど,食べる?」
ヴィクトリー「ううん。いらない。一人で食べていいよ?」
クレール「一人で食べたら太っちゃうよ(笑) じゃぁもって帰ろうかな。」
「…それで,また迷宮に行くの?」
芝村ヴィクトリーは笑った。
ヴィクトリー「駆け引きへただなあ。じゃあ、半分食べるよ」
クレール「へたで結構ですー。嘘つくのも下手だし。」
「それに,そもそも大切な人相手に駆け引きなんてしたくないから,私。」
ヴィクトリー「……そうなの?」
クレール「…そうだよ。」
クレールちなみに買ってきたシュークリームはこちら
芝村ヴィクトリーは笑って受け取った。
ヴィクトリー「うまい」
クレール「そう? よかった(笑)」
ヴィクトリー「うん」
芝村ヴィクトリーは指を舐めている。
クレール拭く用のティッシュを渡します。
ヴィクトリー「いいよ」
「もったいない」
クレール「ん,そう?」(しまいこみます)
ヴィクトリー「うんっ」
芝村ヴィクトリーは笑って髪を振った。
クレールその様子を見てつい微笑みます。
芝村時々この男は、ここにはいないような、そんな目をする。
クレール「…ねぇ,ヴィクトリー。」
「また迷宮にいくの?」
ヴィクトリー「そうだね。後数名は、俺を呼ぶ声が聞こえる」
「結構大変そう」
クレール「そっかー・・・。私も手伝うよ。敵の攻撃を消すくらいはできるし。」
ヴィクトリー「いいよ」
「いらない」
クレール「一人のほうが楽だから?」
芝村ヴィクトリーは優しく笑った。
ヴィクトリー「ううん」
「ねえちゃんの悩みは、俺が預かってる。だから今、他になやみなんかない。幸せそうにしてていいんだよ」
芝村ヴィクトリーは笑った。
クレール 「幸せそうになんてできるわけないでしょう?
 あなたがもう二度と会えないかもしれないような場所に行ってるというのに。」
「・・・まぁ,救出に行ってるだけだって知って少しは安心したけど。」
ヴィクトリー「俺、強いよ。多分人間よりも、他のACEよりも」
クレール 「そうね,私もそこは信じてるけど,女の子には弱いし,技を封印されたらどうしようもない。
 まぁ,私が心配してたのは,あなたが世界を再生させようとしてるんじゃないかって思ってたことだから。」
ヴィクトリー「世界の再生?」
芝村ヴィクトリーは笑った。どこか魔王のように。
ヴィクトリー「そんなのは必要ないよ」
クレール「そっか,よかった。」と笑います。
ヴィクトリー「本当に強いのは技でも、誰かを守ろうという心でもないよ。ねえちゃん」
「世界を再生しても、なんの解決にもならない」
クレール「うん」
芝村ヴィクトリーは微笑んだ。
クレール「ほんとヴィクトリーは昔から私よりも心が年上だな・・。私も見習わないと。」
ヴィクトリー「えー。いいよ。見習わないでも」
クレール「ふふっ」その言葉に笑いかえします。
「っと,久しぶりに時間とれたのに質問攻めにしちゃったかな,ごめんね。」
ヴィクトリー「ううん」
「俺も、久しぶりに話せて嬉しかった」
クレール「うん,わたしも。」
クレールそういえば,ヴィクトリーはクリスマスプレゼントつけてますか?
芝村ええ。
クレールわかりました。ありがとうございますー。
「あ,プレゼントつけてくれてるんだね。大丈夫だとは思うけど,もしも危なくなったら身代わりにしていいからね。」
ヴィクトリー「うん。誰かのために使うよ」
クレール「うん。それでもいいよ。ヴィクトリーのしたいようにしてくれれば。」
ヴィクトリー「うん」
「そうする」
クレールその返事に笑いかけて,
「っと,もうこんな時間・・・。あ,ねぇ。最後に一つ聞いていい?」
ヴィクトリー「……そんなの答えられないよ」
クレール「え?」
「そっか,じゃぁ次会うときまでとっておくね。」
芝村ヴィクトリーはにこっと笑って姿を消した。

      /*/

芝村はい。お疲れ様でした。
クレールお疲れ様でしたー
うー,怖くて後回しにしてたことがきけなかったー・・・
芝村ヴィクトリーは優秀だな
クレール
芝村どう答えても貴方が傷つくと表示してる。
クレールうわぁ
た,確かに正解ですけど!
(私のことどう思ってるの? という禁断の質問に手が伸びてました)
芝村おお。すごい
正解
クレールな,なにこの以心伝心(笑)
芝村対妖精戦用AIをベースにして6手読みしてるから、まあ、それくらいはね
クレールあぁ,やっぱり・・。
なんかスペックが違う子だろうなぁとは予測してましたけど!
芝村はじめて人間以外でエースナンバーを貰ってるからね
クレールおぉー・・・
あ,竹内さんもちゃんと中の人がいるんですね。
芝村ええ
有名人が
クレール! いつかゲームで会えるのかなぁ,楽しみです(笑)<竹内さんの中の有名人
芝村そうね。いつかは遊べるだろう。
結構やべえを連発してるから
クレール(笑)
あ,そういえば私がヴィクトリーの小さい頃の面倒を見ていたようですが,どれくらいまで面倒みていたのでしょう?
芝村2歳までかな
クレールなるほど,そのころはほぼ母親代わりだったわけですね。
芝村ええ
クレールふむふむ。いろいろ考える手がかりになります。ありがとうございます。
芝村もっとも今はクレールの10倍くらいいきてると思う
クレール(に,にひゃくさいですか,わぉ・・
芝村はい。では解散しましょう。お疲れ様でした
クレールお疲れ様でしたー。あ,評価変動はちなみに・・・?
芝村変動はないよ
クレールわかりましたー。し,しぶとい・・・
芝村ヴィクトリーは貴方が傷つくのを恐れている。
クレールヴィクトリー・・いい人だなぁ・・ (そこを崩すべきなのか非常に迷うっていうか,この時点で傷ついてるあたりはさすがに気づかないんでしょうね。
芝村いや、変動なしでも貴方が傷つくのはよんでる
が、一番ダメージが少ないと見てる
クレールあーうー・・・
芝村こうやって私がばらしてるのは、さすがによめてないね
クレール(笑)
まぁ,ここは私の心に蓋をしておくことにします(笑)<芝村さんがばらした
芝村ま、私はヴィクトリーより度胸がない
クレールえー
芝村えー。
そこでプレイが悪かったんですかとかいわれたら、即座に違うよ!ヴィクトリーが悪いんだよといいわけするね。俺は
クレールなるほど(笑)
と,お引止めしてすいませんでした,では失礼いたしますー。
芝村ではー